Passion make things more better

Ruby on Rails / React.js / Swift / Team / Management

RapidSSL+NginxでA+環境を作る

RapidSSLとNginxでSSL LabsにてA+が出る環境を作るための方法を紹介します。

以下、やることです。

  • Certbotのインストール
  • SSL証明書の作成
  • dhparamの作成
  • Nginxの設定ファイル作成

※Nginxがインストールされている前提で話を進めます。

Certbotのインストール

証明書をインストールするためにCertbotをインストールします。

$ curl https://dl.eff.org/certbot-auto -o /usr/bin/certbot-auto
$ chmod 700 /usr/bin/certbot-auto

SSL証明書の作成

以下を実行して、証明書の作成を行う。nginxに設定を追加するか聞かれるがお好みで。

$ cd /usr/bin
$ ./certbot-auto --nginx -d ドメイン名 --email info@ドメイン名

dhparamの作成

DH鍵交換に使用するファイルを作成します。今回は/etc/dhparam/ドメイン名以下に作成。

$ cd /etc/dhparam/ドメイン名
$ sudo openssl dhparam 2048 -out dhparam.pem

Nginxの設定ファイル作成

私はよくRailsを使用するので、Railsの設定が残っていますが、Nginxの設定ファイルは以下のようになります。

upstream unicorn {
  server unix:/var/www/アプリケーション名/current/tmp/sockets/unicorn.sock;
}

server {
  listen 80;
  server_name ドメイン名;
  return 301 https://$host$request_uri;
}

server {
  listen 443 ssl;
  server_name ドメイン名;

  ssl_certificate         /etc/letsencrypt/live/ドメイン名/fullchain.pem;
  ssl_certificate_key     /etc/letsencrypt/live/ドメイン名/privkey.pem;

  ssl_protocols TLSv1 TLSv1.1 TLSv1.2;
  ssl_ciphers "EECDH+ECDSA+AESGCM EECDH+aRSA+AESGCM EECDH+ECDSA+SHA384 EECDH+ECDSA+SHA256 EECDH+aRSA+SHA384 EECDH+aRSA+SHA256 EECDH+aRSA+RC4 EECDH EDH+aRSA RC4 !aNULL !eNULL !LOW !3DES !MD5 !EXP !PSK !SRP !DSS !RC4";
  ssl_prefer_server_ciphers on;
  ssl_dhparam /etc/dhparam/ドメイン名/dhparam.pem;

  add_header Strict-Transport-Security "max-age=15768000; includeSubdomains";

  access_log /var/log/nginx/access.log;
  error_log /var/log/nginx/error.log;

  client_max_body_size 100m;
  error_page 404 /404.html;
  error_page 500 502 503 504 /500.html;

  try_files $uri/index.html $uri @unicorn;

  root /var/www/アプリケーション名/current/public;

  location ~ ^/assets/ {
    root /var/www/アプリケーション名/current/public;
  }

  location @unicorn {
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header Host $http_host;
    proxy_set_header X-Forwarded-Proto https;
    proxy_redirect off;
    proxy_pass http://unicorn;
  }
}

おまけ:更新の自動化

RapidSSLは3ヶ月ごとに更新が必要なので、Cronで自動更新ができるようにしておきます。 Cronで実行するコマンドが正しく実行されるかチェックします。

$ sudo /usr/bin/certbot-auto renew --post-hook "sudo /etc/init.d/nginx restart"

こちらを実行すると以下のような結果が得られるかと思います。

Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log

-------------------------------------------------------------------------------
Processing /etc/letsencrypt/renewal/ドメイン名.conf
-------------------------------------------------------------------------------
Cert not yet due for renewal

-------------------------------------------------------------------------------

The following certs are not due for renewal yet:
  /etc/letsencrypt/live/ドメイン名/fullchain.pem expires on 2018-06-17 (skipped)
No renewals were attempted.
No hooks were run.
-------------------------------------------------------------------------------

こちらが表示されることを確認したら、/etc/cron.d以下にcertbotというファイルを以下の内容で作成します。

※毎月1日の朝3時に実行

0 3 1 * * root /usr/bin/certbot-auto renew --post-hook "/etc/init.d/nginx restart"

参考