Passion make things more better

Ruby on Rails / React.js / Swift / Team / Management

Sidekiqの導入

前提

  • redisが必要です

初期設定

やることは以下の2つ。

  • Gemfileの編集
  • 設定ファイルの作成

Gemfile

Gemfileにsidekiqを記述 & bundle install。

# Gemfile
gem 'sidekiq'
gem 'redis-namespace'

~ bundle install --path vendor/bundle

設定ファイルの作成

config/initializers/sidekiq.rbを以下の内容で作成。 host, portに関してはconfigで設定し、そこから呼んでいます。

Sidekiq.configure_server do |config|
  config.redis = {
    url: "redis://#{Settings.redis.host}:#{Settings.redis.port}/#{Settings.redis.db}",
    namespace: '_xxxxxx_sidekiq'
  }
end

Sidekiq.configure_client do |config|
  config.redis = {
    url: "redis://#{Settings.redis.host}:#{Settings.redis.port}/#{Settings.redis.db}",
    namespace: '_xxxxxx_sidekiq'
  }
end

Workerの作成

app/workers以下にworker用のファイルを作成します。 以下は例でメールを送信するworkerとして、email_worker.rb作成しています。

class EmailWorker
  include Sidekiq::Worker

  def perform(user_id)
    user = User.find_by(id: user_id)
    # ActionMailerを呼び出す処理なりを書く
  end
end

呼び出し方

上で作ったEmailWorkerを呼び出すには以下のようにします。 これで実行のキューに入ります。

EmailWorker.perform_async(1)